FC2ブログ

記事一覧

クリスマスパーティー・最終章

 
   翌朝の朝食
   前もって和
食か洋食かを選べるのもステキ
 
和食をチョイスしておきました

 
朝食後、看板犬達がランに出たので行ってみたけど、花音はやっぱり遊べない
  ビーグル2頭とラブラドール1頭だから仕方ないね
 
ペンションのオーナーの話だと、黒ラブの被災犬「げん太君」は推定年齢8歳くらいで、保護された時はガリガリに痩せていて、首の辺りに大きな腫瘍が出来ていたんだって
    保護してから手術して腫瘍を摘出
 
 
今ではとっても元気に暮らしているんだけど、飼い主のことが忘れられないらしく、福島に向かって帰ろうとするんだって
 
そうだよねー、約8年間も一緒に暮らした飼い主のことが嫌いなはずないもの
 
オーナー曰く、元飼い主は多分生きていると思うけど、探そうとしないから見つけようがないと言ってた。
 
でもさー、大切なペットだったら、大きな腫瘍をそのまま放置していたってどうなのかなぁ?  なぜ、真剣に探そうとしないのかなぁ?
 
疑問だらけだけど、今がとっても幸せそうなんで、このままで良いと思う
 

  ランは、寒かったよ~
 
 
 
このペンション、翌朝もクリスマスイベントの続きがあったんだよ
 
まずは、鼻だけの写真を配られて、だれだか当てるクイズ
花音の鼻はすぐに判ったけど、難しくて、6問中、4問の正解でした

 
 
 
前夜のクイズの正解率と合わせて順位を決めて、最後はこれ
 

 
ロープの先におやつが付いているんだよ
 
 

に選ばせたロープを辿った先の景品がもらえる仕組み
 
 
 
クイズ王に輝いた楓ちゃんからトライ
 
 
ママさんの喜ぶ景品だったそうだよ

 
花音は、ママの成績が悪かったので最後から2番目の挑戦でした
 
でもねー、残り物に福があったよ
   一番大きい景品をゲット
 
ふかふかのベッドを貰っちゃった
  しかも、オレンジ色
 やったー

 
 
花音の写真でカレンダーを作ってくれたり、プリクラにしてくれたりと至れり尽くせり
  こんなサービス、初めてだよ~~~~~


 

 

 

 

 
 
 
 
楓・楓太ママ、本当にありがとう
  すっごく楽しい2日間でした
 
絶対に毎年リピートするぞ
  と思ったよ
 
帰りには、浅間山を背景に写真を撮ってくれたり

 
 
ペット可のお店でのランチに誘ってくれたり

 

最後の最後まで面倒を見てくれてありがとう
 
 
花音にまで高級なおやつ、ごちそうさまでした
 
また、誘ってねー
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

華音ママ

Author:華音ママ
ミニチュアダックスメス2頭(12才と4才)、そしてキジシロ猫メス14才と2才平凡な日常を綴ってます。
4頭の個性が光ってま~す。